スキンケアで美しく幸せになる方法

美容と健康についての情報を公開しています。

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療で用いられるヒアルロン酸の効果って?

人は体の要所要所にヒアルロン酸を保有しています。

ドライアイ時に用いる目薬もヒアルロン酸ですし、
緑内障の治療や、
白内障や角膜移植の手術にも目に関してはよく使われます。

ヒアルロン酸は保湿力が強いので、
こういった活用がなされるのです。

膝関節痛などでは、
関節の動きと軟骨の摩耗を抑える効果や、
関節の痛みや炎症を緩和する効果がある。

ヒアルロン酸は消炎効果はないので関節の炎症を治療することはできませんが、
関節の曲げ伸ばしを助け筋肉を動かしやすくしてくれます。

また、
ヒアルロン酸は膝や体の節々の痛みを軽減するという効果も期待されています。

医療の場においても、
美容や健康補助食品としても、
ヒアルロン酸は大きな効果が期待されています。

外科の手術中に内臓組織同士が無闇に貼り付いてしまわないよう、
ヒアルロン酸を使います。

シワ取り手術などのプチ美容整形では、
ヒアルロン酸をしわが気になる皮膚の下に注入して下からも持ち上げ、
しわを消してなめらかな肌にするという使い方もします。

ヒアルロン酸でアレルギー症状を発症する人はほとんどいないため、
アレルギーテスト不要といわれるほどです。

健康補助食品の他にも、
医療関係で用いる成分としてもヒアルロン酸は役に立っています。

0.1%~0.2%程度しかアレルギーはありません。

関節内部に存在するヒアルロン酸を増やし痛みを軽くするという考え方です。

【スキンケアシャワー ペレノ(本体+フィルター)】電子フィルターで水道水がジンククロライドイオンの軟水に!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。